ぼくの住む杉並区に、マ〇コという女性都議がいる。なぜかマドンナ旋風に乗っかって、まんまと当選しちゃった。
そのマ〇コがミス東京コンテストに応募した。よっぽど自分の容姿に自信があったのだろう。既婚者というハンディ? も自分の美貌の前には何ら問題はナイだろうと判断しての応募だった。
当然、既婚者なので資格がない。書類審査でハネられた。マ〇コは怒って記者会見していったものだ。
「誰が見たって私はミスコンテストにふさわしい美貌と知性の持ち主よ。あんたたちだってそう思うでしょう。それを応募させない。これはあきらかに女性差別だわょ」
と詰めかけた報道陣に演技してみせた。
「だいたい、これは東京都が後援しているんでしょう。それをただ既婚というだけで、落とす。これは明らかにわたしの都議としての身分を侮辱するものです。わたしは歳喰ってますが、公僕女史の中では、けっこう美貌を放っています。日本の既婚女性、既婚美人のためにたたかいます」
これがホンネだと思うのです。

つぎへ