漫画家になるまえ、小説家を夢見たことがあります。
 ポンチ絵をカリカリ描いているより、升目に文字を埋
 めるほうが格好エエなあと思ったからに過ぎません。
  漫画家になってから、物好きな編集者にそそのかされて
  何作か小説モドキのようなものを書きました。ちょっと
  恥ずかしいのですが実際活字になったもの、未完のもの
を、ここにご紹介します。           
  





メタリックなバラード

かぐや姫の末裔

ぶつぶつ 

にこにこ